売れ残りの福袋の特徴は?

お正月になると発売される福袋の中には、朝からならばなければ手に入らないようなお店がありますが、そのような人気のあるところとは対称的に、ずっと売れ残りの福袋が置きっぱなしになっているお店もあります。
中身に何が入っているかわからないはずの福袋で、どうしてこのように売れ方の違いが出てしまうのでしょうか?その原因としては、ネットの普及により、お店の福袋に関する情報が手に入りやすくなったことがあげられます。
人気のあるお店では、事前に福袋の中身についての情報を公開していたり、前の年の福袋の口コミ評判がとても良かったりするのです。
それに対して売れ残りやすいお店は、中身についての情報が未知数だったり、前年の福袋の口コミが悪かったりしているわけですね。
つまり、売れ残りの福袋はハズレの確率が高いと思われているということになるのです。
福袋ネタバレおすすめは?通販予約口コミ【中身の写真・感想を暴露中!】