光回線詐欺もある?

近頃、光回線業者が高齢者の住む家を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが増えつつあります。
こういった事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明らかにしたのでした。
考えてみればずいぶん長いことインターネットを使っていることになります。
光回線の会社もいろいろと変えたりとして数社と契約をしてきました。
これまでの間に光回線を利用してきて速度を遅いと感じたことは全くありませんでした。
動画視聴なども快適で、他の回線にもう戻ることはないといった風に思っています。
wimaxプランパスポート1年というサービスは利用登録料金が税別で三千円です。
利用を始めた月、もしくは契約更新月から起算して、十二ヶ月間が契約期間となります。
更新の月に解約されない場合は、自動的に契約期間が更新されます。
もし契約更新月に解約した場合は、違約金はありませんから、更新月を忘れないでおきましょう。
あまり有名ではないワイモバイルの場合、解約する際に発生する解約金を安い値段にしたり、契約の期間を短くしたりしてお試しの期間を設けるようにすれば、契約の数が増えていくと考えられます。
安い料金に魅力を感じても、1年以上の契約の期間があると、なかなか契約に踏み出すことのできないものです。

光回線のプロバイダー最安値は?安いを比較【おすすめランキング】